家族葬サポートネットワーク


参列者


 家族葬で一番悩む点は、参列していただくのにどこまで声をかけるかと
 いうことです。
 家族だけですと10人前後、親族や親しい友人を入れると30人位が
 多いです。
 家族だけなのか、親族のかたも参列していただくのか、友人・知人など
 も線引きが難しいですね。
 ですから、生前に自分の意志で参列者のリストアップと非参列者のリストを
 作成しましょう。
 葬儀終了後、声をかけなかった方から、「葬儀に参列してお別れしたかった
 のに・・・・」と人間関係が悪くならないよう配慮するためには事前に家族葬で
 行いたい希望を伝えておくと良いでしょう。

 家族葬で行うことを理解していただけるよう、周りの方に伝えておくと遺族は
 段取りしやすいですね。
 事前に家族葬で葬儀を行うことを伝えられなかった方々のことも含め、葬儀
 終了後故人の遺志で「家族葬」を行った、声をかけなかったことのお詫びと
 理解を求めるように「故人のお礼のハガキ」などを生前に作っておき出す
 ように配慮したいものです。
 施行時、町会関係・ご近所には、自治会長を通じて、家族葬として行うことを
 連絡してもらいます。
 「葬儀は、故人の遺志で家族葬として執り行います。ご会葬、ご香典は辞退
 させて頂きますので、ご了承賜りますようお願い致します」などときちんと
 伝える様にしましょう。



--------------------------------------------------------------
家族葬ネット事務局 | プライバシーポリシー | リンクバナー | お問合せ
--------------------------------------------------------------
Copyright(C)2005 kazokusounet.jp All Rights Reserved.
家族葬コンテンツ

 HOME
 全国葬儀社一覧
家族葬とは
 家族葬とは
 家族葬のポイント
 葬儀社選びのコツ
 家族葬の費用
 家族葬と一般葬の違い
 家族葬Q&A
 自分葬とは
家族葬葬儀計画書
 家族葬葬儀計画書
 参列者
 家族葬の内容
 予算の仕方
 家族葬の遺言
 故人お礼のハガキ
 家族葬加盟店募集
 協力宗教者募集
 合祀墓地募集